突然水漏れしたときは焦らず排水管をチェック

突然水漏れしたときは焦らず排水管をチェック 家庭で起きやすいトラブルの一つに、水漏れなどの水回りのトラブルがあります。水が漏れているのが少量ならまだいいですが、大量に水が漏れてきて一面水浸しになっている状態なら即座に対応する必要があります。もしマンションやアパートに住んでいるなら、階下の住民に被害が及ぶ可能性があるため更なるスピード解決が望ましいです。
発生した時は、まずどこから水が漏れているのかを確認します。キッチンやお風呂場、トイレなど水回りの排水管を中心に、念入りにチェックを行います。水漏れは専門業者に修理依頼するのが重要ですが、比較的軽度なら、業者が到着するまで、忙しくてなかなか時間が取れない人は業者に依頼するまで、自分自身の応急処置でとりあえず凌ぐことができます。

■水漏れを発見するケース

主なケースに床が水浸しになっている、トイレの水が止まらない、水が流れる音がずっとしているなどのケースがあります。その他にも、壁や天井がカビで黒ずんできた、湿気がすごくなったことで気付くケースもあります。
このように物理的に分かりやすく発見するケースもありますが、全く気付かない間に水漏れが進んでいるケースもあります。よくある事例に、外付けの水道の水が出しっぱなし、お風呂のシャワーが常にチョロチョロと出っ放し、給湯器 水漏れなどがあります。こういった場合は心当たりがないのに水道料金が跳ね上がったことで気付くことが多いです。
水漏れで圧倒的に多いのは排水管の不具合ですが、その他のケースも想定して水回りを重点的にチェックすることが大切です。

■水漏れが発生した時に確認する箇所
水漏れの原因となるのは排水管のトラブルが多いため、まずキッチンのシンク下を確認します。シンクの下は、多くの方が鍋や料理器具を置いていますが、その奥に止水栓や排水ホースが付けられています。むき出しではなく扉などが付いていることもあるので、取り外して確認しやすい状態にします。
この時蛇口の水は止まっている状態となりますが、シンク下で漏れているのが確認できなかった時は蛇口の水を流してみます。水を流したことで、ポタポタと水が漏れてきた時はどこに不具合が生じているのか、蛇口、排水トラップ、排水ホース、パッキンなど各箇所を念入りに確認します。もし水が漏れている箇所が特定できたなら、応急処置を施すことができます。

■水漏れを引き起こす原因

排水管に穴が開いているなど分かりやすい場合は対応が簡単ですが、それ以外にも水が漏れる原因はさまざまあります。まず原因の一つにパッキンがあります。シンクは排水トラップとパッキンを挟むことで接続しています。このパッキンが無いと水が漏れますが、劣化し緩んだ状態でも起こります。接続部分から水が漏れているのがサインです。また、塩ビ管が使われている排水ホースにも接続部分にパッキンが使われているため、こちらのパッキンの劣化でも水漏れはよく発生します。
排水ホース自体も、長年使うことで亀裂が入ることがあります。その他にも、シンク下に大量に物を入れることで排水ホースと接触し、排水ホースの亀裂や外れの原因となることもあります。排水ホースは中でつまりを起こしていることもあるため、排水ホースが原因となる水漏れは多くなっています。

■まとめ
水が漏れるのは水があるところに限られます。そのため、比較的よく水を使用するキッチンやお風呂場、トイレの排水管のトラブルが多くなっています。もし発見した時は焦らずに排水管をチェックすることをおすすめします。
程度によって素人でも修理することができますが、あくまでも応急処置となるため、もっと大きな事態に発展しないためにもプロに修理依頼をした方が安心です。その際に、原因を特定していれば修理がスムーズになるため被害を最小限に抑えることができるのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース